【初めての旅】国内旅行での持ち物や飛行機での不安を解消する

初めての旅行って不安がありますよね。

  • 「なに持ってきゃいーの?」
  • 「旅行カバンってどの程度の大きさ?」
  • 「飛行機ってどうやって乗るん?」
  • 「宿泊先の予約って不安」

上記のような方に向けての記事になっています。

今回一人での旅行が初めてで不安がMaxだった私でもどうにかなりました(現地では友人と合流しましたが)

私が次に旅行するときは、この記事を読んでから旅行しようと思っています。

この記事を読んで国内旅行を一人でも安心に旅しましょう。

旅行前の準備

まずは旅行前の準備についてです。

  • 旅行時の持ち物
  • 旅行カバンの大きさ
  • 飛行機のチケットの予約
  • 宿泊先の予約

上記の4つについて見ていきます。

持ち物

財布・現金・スマホ・クレジットカード(キャッシュカード)・免許証・保険証・スマホ充電器・下着・靴下・着替え・ハンカチ・ティッシュ・手持ちカバン・髭剃り・ワックス・香水・等

上記の文章の写メを撮ったりスクリーンショットすると便利です。

女性の方は、地方暮らしミニマリスト(目指し中)の「さそり」さんの、女子でも旅行の荷物は減らせるの記事も参考になるかと思います。肩の力が抜けてリラックスできるようなブログです。

ヘアアイロンはコンセント式なら持ち込み可で、ライターは使い捨てライターなら1つまで持ち込み可となっているようです。

私はスマートフォン等のモバイルバッテリーや、ホテルでくつろげる部屋着、歯ブラシ、耳栓やアイマスク等は不要だと思い排除しました。

実際に行ってみて排除してよかったと思いました。手軽な荷物で快適に旅行したいですよね。

旅行カバン

旅行カバンの選び方として、1泊につき10リットル程度と言われています。

3泊4日の国内旅行で着替えは3日分持ち、お土産も入れて40リットルで充分でした。

私が購入したカバンがこれ↓

作りもしっかりしていて不自由はありませんでした。

長袖を持っていかなかったからお土産を入れる余裕があったという理由もあります。

お土産を持っていく必要のない方は、寒い時期でも40リットルサイズのカバンで3泊4日行けると思います。

カバンの他にも衣類圧縮袋にお世話になりました。

これは掃除機で空気を吸う手間が要らず、手で丸めるだけで簡単に圧縮できるので便利です。

どうしても持っていきたいものがある方や厚めの服を持っていく予定の方は着替えを一日分減らしたりするなどの工夫も必要になるかもしれません。

旅行先で買ったお土産は、郵送してくれるお店で郵送してもらうのが楽です。

飛行機のチケット予約

skyticket(スカイチケット)さんにお世話になりました。※リンクは別タブで開きます。

国内外の飛行機のチケットが格安で予約できるサイトです。

  • 必要情報(メールアドレス、パスワード設定、氏名、性別、生年月日、振り込み名義人)を入力して会員登録する。
  • その後に出発日や出発日、到着日を入力。
  • クレジットカード決済やコンビニ振り込みや銀行振り込みなどから支払い方法を選び済ませる。

1ヶ月半以上先の予定日だと安く取れる日が多いのでおすすめです。

後日、登録したメールアドレス宛に予約番号や確認番号や搭乗日等が記載されたメールが届くので、帰りの飛行機に乗るまでしっかりと保存しておきましょう。

座席指定もしておくと安心ですので、各航空会社のウェブページを確認してみましょう。

ホテル予約

電話の苦手な私が一番苦労したところです。

じゃらんさんにお世話になりました。

宿泊先の予約サイトで、会員登録(無料)が必要になります。

  • メールアドレスを入力しメールアドレス登録確認のメールが届くので、そのメール中の指定されたURLをクリック。
  • パスワードの設定、氏名、生年月日、性別、ニックネーム、郵便番号、住所を入力し、利用規約に同意し次へ進むをクリック。
  • 確認画面が出るので大丈夫なら次へを押して会員登録は完了です。

旅行にいく場所の住所を確認しながら、利便性の高いホテルを予約できるといいですね。

じゃらんで予約が完了したら、念のためホテルに電話をして予約できているか確認してみましょう。

疑問な点もあったら聞いておくと旅行の安心感が得られます。

私の場合は、3泊4日の内の2泊をじゃらんで予約しました。

私が予約したいプランは、掲載されている都合上、1泊ずつしか予約ができませんでした。

不安だったのでホテルに予約し確認してみたところ「2連泊となっていますので、同じ部屋で2泊ですし、外出は自由となっています。最終日にチェックアウトだけお願いします。」と言われて安心しました。

(1泊してチェックアウトして、また次の日にチェックインしてという流れになる可能性があり、大きな荷物を持ちながら観光することになるのではないかと不安でした)

電話が苦手で緊張しましたが、電話してよかったです。対応も丁寧だったので助かりました。

空港と機内

空港に着いてからの受付→荷物を預ける→保安検査場→搭乗口(待合室)→機内→荷物預かり場等、空港や機内でのお話です。

空港受付

飛行機までは車を運転していきました。

私が利用した空港での駐車料金は無料だったので安心。

車を止めて、受付へ。

初めての旅行で不安があったので約2時間前には空港に着きました。

受付では「飛行機初めてなんですが乗り方を教えてください」と言いました。

受付の人「チケットの予約はお済ですか?」

はなび(私)「はい」

受付の人「お支払いはお済ですか?」

はなび(私)「はい」

受付の人「予約番号はわかりますか?」

はなび(私)「はい。(skyticketから送られてきたらメール画面を見せる)」

受付の人「預ける荷物はありますか?」

はなび(私)「預けようと思ってました。」

受付の人「(危険物一覧の紙を見せられながら)危険物の持ち込みはありませんか?」

はなび(私)「大丈夫です」

受付の人「荷物を預けるのは○○から、その後保安検査場には〇分前には行ってください。」

はなび「保安検査場って…」

etc.

色々聞かれましたが予約番号や確認番号が書かれたメールを見せれば大丈夫だなという印象です。

受付では搭乗券と荷物預かり券(荷物を預けた場合)を渡されます。

保安検査場

保安検査場って手荷物検査をする場所です。金属探知機をくぐります。

その前に手荷物の中の金属類は、準備してあるトレイに入れます(財布やスマホやパソコン等)

なにもわからなかったので「初めてなんですがどうすればいいですか?」と聞いたら丁寧に教えてくれました。

その時に受付時に渡された搭乗券の提示も求められました。

搭乗券を財布の中に入れていた私は焦ったので、手元に準備しておくのが吉です。

ズボンのベルトは金属探知機を通過しても大丈夫と聞いていたので油断しきっていたんですが、金属探知機さんはしっかりと反応して私は更に焦ったので、金属が多めのベルトも取っておくと安心です。

保安検査場が空いていたのもありますが、1分から2分で終わりました。

搭乗口(待合室)

保安検査場を通過すると搭乗口がある待合室に向かうことになります。

自分が乗る搭乗口を確認して向かおう。搭乗券に搭乗口も書いてあります。

自分の乗る搭乗口の待合室に着いて座っていると、〇〇行きのお客様へというアナウンスがあるので自分のおく場所だったら耳を傾けておきましょう。

  • 乗務員の補助が必要な方
  • 赤ちゃんをお連れの方
  • 会員クラスが〇〇の方
  • 一般の方

の順でアナウンスがありました。

それぞれ一回ずつアナウンスでの案内があるので搭乗券を準備して座っていましょう。

基本的には一番最後に一般の方が呼ばれるのでそれから席を立てば大丈夫です。

改札のように搭乗券を機械に近づけるだけでゲートが開きます。乗務員の方も立っているので、安心です。

あとは一本道で飛行機です。

機内

荷物を上部の荷物棚に置く人が居るので座るまでに少し時間がかかることもあります。

私は手荷物のみだったので、自分の座席番号を探し、席に着きました。

手荷物程度なら膝の上に置いている人も数人みかけました。

しかし、上部の荷物棚か座席の下に置くのが一般的なようです。

手荷物を膝に置くと空港会社によって注意される、されないがあるようなので乗務員さんに聞いてみるのが早いですね。

離着陸時にはアナウンスがあるので聞いておきましょう。

荷物預かり場

飛行機から降りて多数の人たちについていきます。

初めて目にする空港で目印や看板等を詳しく見ればわかるでしょうけど、実際心の余裕が無いのでどこに行けばいいかわからない場合があります。

荷物受取所というところで荷物が流れてくる(ベルトコンベアーで)のを待機します。

荷物を預けるときに渡された紙(荷物預り券)に書いてある番号と荷物についている番号とを照らし合わせてそのまま取ってしまって大丈夫です。そしたら後は自由です。

荷物の番号が書いてある紙は適当なごみ箱で捨てました。

飛行機を降りてからもなにか手続きがあるのかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

安心で楽しい旅行に向けて

旅行には不安もつきものだとは思いますが、やはり楽しみたいですよね。

知らないと不安になります。知っていると楽になります。

  • 持ち物の準備はOK?
  • 旅行カバンはOK?
  • 飛行機のチケットはOK?
  • 宿泊先の確保はOK?
  • 空港までの交通手段はOK?

旅行先の下調べをしておくと更に旅行を楽しめるでしょう。

それでは、優雅に旅行を楽しんできてください。

The following two tabs change content below.
はなび

はなび

幼稚園から人見知り。小学生はずる休み。中学生は不登校。高校生は2度中退。初就職はすぐ退職。 引きこもり、昼夜逆転、精神病。 挫折だらけで傷だらけ。 そんな僕が、前向きに紡ぐ物語。>>プロフィール詳細
スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク