【日光浴の効果】ビタミンD簡単生成

日光浴していますか?

屋内で過ごす事が多い方は日光浴が足りていない場合があります。

日光浴の機会が少ないと倦怠感も現れます。

この記事では日光浴の効果についてまとめてみました。

日光浴はビタミンDを生成する

日光浴にはさまざまなメリットがありますが、それは日光を浴びると体内でビタミンDが生成されるからです。

日光浴は窓越しや、衣類越しでは効果がありません。

なので、直接肌に浴びることが重要です。

ちなみに、日光浴により生成されるビタミンはビタミンDだけです。

ビタミンDの効果

日光浴をすると体内でビタミンDが生成されると学びました。

そこで、ビタミンDの効果について触れていきます。

丈夫な骨を作る

骨を作る上で重要な「カルシウム」の吸収をサポートしてくれます。

筋肉を強くする

筋肉中の成分がビタミンDと結合することにより筋肉を作ります。

筋肉を作るうえで重要な「たんぱく質」の合成を促進します。

ダイエット効果

筋肉がつき代謝が上がると、ダイエット効果も期待できます。

精神疾患の抑制

セロトニンの生成効果があります。セロトニンとは「神経伝達物質」の一つです。「幸せホルモン」ともよく言われていますね。

免疫バランスを整える(風邪予防)

人間には免疫機能があります。

細菌やウイルスや埃などの有害物質から身体を守る免疫の機能です。

免疫機能が乱れると風やインフルエンザ、肌荒れなどの影響が出ます。

他にも様々な効果が

心疾患の発症予防・糖尿病予防・アンチエイジング効果・がん予防・不妊治療などにも効果があるようです。

ビタミンDを多く含む食品

  • 魚介類(さんま・サバ・イワシ・鮭・うなぎ・しらす干し等)
  • きのこ類(シイタケ・しめじ・マイタケ・キクラゲ等)

その他にも卵などに多く含まれています。

肉類や野菜にはほぼ含まれていないようです。

魚介類や、きのこ類、卵などを摂るように心がけられるといいですね。

日光浴(ビタミンD)不足の影響

冬に気分が沈みやすくなるという経験はありませんか?

冬は日照時間が短くなることにより、日光を浴びる時間が減り、ビタミンD不足になるからという理由もあるようです。

「冬季うつ」などとの関連も深いようです。

ビタミンDの過剰摂取は骨や腎臓に悪影響を及ぼします。

可能なら食事から摂るよう心がけましょう。

サプリメントを使用する場合は、よく調べてから活用するようにしましょう。

ビタミンDおすすめサプリメント

ビタミンDおすすめのサプリメントを紹介します。

ビタミンDが1000IU配合されている「大塚製薬」さんの商品です。

大塚製薬さんの商品では「ポカリスエット」や「オロナミンC」などが有名ですね。

ちなみに、ビタミンDは1日の摂取量として220IU(5.5μg)~4000IU(100μg)と言われています。

有名な会社だと安心感もありますし、なにより安いです。

ビタミンDは過剰摂取のリスクがあるので、食事から摂るのが望ましいと書きましたがこれなら安心です。

日光浴の効果まとめ

日光浴でビタミンDが生成されることにより、様々なメリットがあります。

日光なので無料ですし、外に出るだけなので簡単ですね。

たまにはのんびりと「日向ぼっこ」するのも気持ちいいですよ。

日光浴の機会が少ない方も1日10分程度からなら始めやすいですね。

The following two tabs change content below.
はなび

はなび

幼稚園から人見知り。小学生はずる休み。中学生は不登校。高校生は2度中退。初就職はすぐ退職。 引きこもり、昼夜逆転、精神病。 挫折だらけで傷だらけ。 そんな僕が、前向きに紡ぐ物語。>>プロフィール詳細
スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク