引きこもり生活を楽しく【引きこもり専用】


引きこもり生活を過ごしている「はなび」です。

仕事や学校に行けず家に籠り、家族以外とほとんど交流がない人の状況を指す。現時点では、日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている。

Wikipediaより引用(最終閲覧日 2018.11.6)

引きこもりを自称している人でも、上記に完全に該当する人は相当少ないように思います。買い物に行くだけで人との関り(交流)は生まれます。

「引きこもりがとは、なんたるか」は置いておいて1人の引きこもりの(楽しい)生活についての記事です。

スポンサーリンク




引きこもりでも楽しく生きる


いくつか障害もありますが、引きこもりでも楽しく生きることは可能です。無理やり結論をまとめると、「やりたいこと(好きなこと)をやって、自分らしく生きていこう」となります。

※本記事では「お金」のことについては触れません。

簡単な引きこもり経歴

私の引きこもり経歴を、ざっくりと紹介します。

  1. 中学生不登校の間の約半年間。
  2. 高校中退してからの約半年間。
  3. 二回目の高校を中退してからの約半年間。
  4. 通信制の高校(3年間)でも引きこもり気味。
  5. 高校卒業してからリワークするまでの2年と半年程。
  6. 退職後の数か月間

リワーク(Rework)とは、うつ病、双極性障害などの精神病患者が病気から回復したのち、職場に復帰するための訓練を行う場、施設、プログラムなどをいう

Wikipediaより引用(再閲覧日 2018.11.6)

もちろん一切家から出なかったわけではありませんが、一般的な人から見ると家に居る時間が長かったと思います。

引きこもりは暗いイメージ

引きこもりってなんとなく暗いイメージとか不健康なイメージありますよね。私もあります。

しかし、実際は思うほど暗くなく、不健康でもないです。

引きこもりとそうでない人の違いとしては「外に出るか、外に出ないか」

部屋が汚そう。お風呂に入ってなさそう。きょどってそう。食生活が乱れていそう。などは思い込みに近いです。

引きこもりでなくとも、部屋が汚く、お風呂に入らず、きょどりがちで、食生活が乱れている人は居ます。

上記を見ますと、気持ち、明るい気分になりませんか?

楽しいことはたくさんある

引きこもりでも楽しく過ごすことのできるものとして、10個ほど挙げてみます。

漫画

今やネット環境があれば無料で漫画を読めるアプリなどが増えてきています。家から一歩も出なくて済みますね。

それと、漫画には人生を生きていくうえで参考になる考え方も多いです。楽しみながら読んで人生を豊かにできるのなら最高です。

動画

動画サイトやアプリなどで楽しい時間を過ごせます。自分の興味のあるジャンルはもちろん楽しめますし、豆知識や癒しの動画もワクワクします。

ユーチューバーを目指してみるのも大きく意味があることだと思います。

ゲーム

スマホゲームでもテレビゲームでもパソコンゲームでも。漫画と並んで引きこもりがやる代名詞的な立ち位置にあるといっても過言ではありません。

ただ、ハマり過ぎは精神衛生上悪いことも多いのでほどほどにしたいものです。

テーブルゲーム

基本的にネットで出来ます。一度ルールを覚えますと、かなりコスパがいいです。将棋や囲碁やチェスやオセロ等。

頭を使うのが好きな方や心理戦が好きな方にはおすすめです。アマチュアの免状を目指せば、大きな目標にもなります。

ヨガ

引きこもりは運動不足になりやすいです。かくいう私もそうです。今の時代は動画やネット検索で、基本的なポーズから学ぶことができるので行いやすいです。

地味なイメージがある上に、なにかを始めるには腰が重い人が多いでしょう。しかし、ヨガ後の気持ちよさは、他には例えられないものがあります。

ヨガって実際どうなのよ? 私は、月に1度マッサージに通っていま...

筋トレ

筋トレを続けると、力がついてきて嬉しくなりますし、そのうち栄養のことも調べたくなってきます。

筋トレは、健康な(引きこもり)生活を送るために重要な要素です。筋トレ(運動)後は気持ちもスッキリしますし、おすすめです。

読書(漫画以外)

刺激が欲しいときに読むとハマります。私はよく自己啓発本を読みますが、自分では導くことのできない思考にたどり着けます

成功者や先に生きる方達の思考を取り入れることは人生の潤いにも繋がります。最近は、小説で人の感情に触れて心を動かされたいとか思っています。

「読書って実際どうなの?」「生きやすくなるような本はないかな?」 というよ...

睡眠

睡眠って楽しくないですか?何も考えなくていい至福の時間。

お風呂上りやヨガ終わりに、軽くマッサージしたりして、眠りにつく時は幸せすら感じます。いや、楽しいとは少し違いますかね…

部屋の居心地UP

自分の部屋のクオリティを挙げて居心地のいい部屋になると楽しくなってきます。

部屋のものはできるだけ少なく、スッキリとして掃除して模様替えをする。部屋がスッキリすると心までスッキリしてきます。

ブログ

10個目はブログです。自分の感情を吐き出すことができますし、文章の書き方も上手くなりますし、考える能力も上達します。文章力は仕事でも使える可能性の高い能力です。

勉強して習慣にして、収益をあげることなんかができたら文句ありません。

ブログ素人関連記事 【ブログ記事作成】手順(頭と心)の整理を兼ねたアウトプット...

ただ精神疾患が絡むと厄介極まりない

引きこもりが精神疾患を患うとかなり厄介です。

かくいう私も10代の頃から精神科に通っているのですが、何度かこの世からいなくなろうと試みました。

「人目が気になる」「人の気分に自分の体調に影響される」「感情に敏感な気は...

人と関わるのが苦手、または、自分のやりたいことを極める。

引きこもる理由としては、上記の2択(もしくは両方)に分けられると思うのですが、私は前者の理由が強いです。

全体的に人に興味がない。 人と話すのが疲れる。 上記のように...

引きこもりで、やる気が起きない、人と会うのが怖い、はホントに辛いです。

精神疾患の場合、睡眠や食事、運動など様々な対策がありますが、自己肯定(考え方、捉え方)が最重要クラスだと思っています。

「モヤモヤするし、不安感がどうしようもない」 不安が強すぎると、どうしよう...

一度の人生楽しく生きていく

  1. 引きこもりの暗いイメージは気のせいです。
  2. 引きこもりでも楽しく過ごせます。
  3. ただ精神疾患が絡むと非常にしんどいです(引きこもりでなくとも)

まとめると上記になりますかね。

今はこうやってブログを書いているわけで、社会との繋がりが全くないわけではありません。

好きじゃないなら、好きになればいい

楽しく生きるために工夫しながら生きましょう。

The following two tabs change content below.
はなび

はなび

幼稚園から人見知り。小学生はずる休み。中学生は不登校。高校生は2度中退。初就職はすぐ退職。 引きこもり、昼夜逆転、精神病。 挫折だらけで傷だらけ。 そんな僕が、前向きに紡ぐ物語。>>プロフィール詳細
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク