シンプルな暮らしのヒント【石鹸効果】

家に物が多いと生活に雑音が混じるような気がしてしまいます。

「お風呂での洗顔フォームやシャンプーを石鹸にしたら物が減るんじゃない?」

と思い記事にしました。

  • 物を減らしてシンプルな暮らしがしたい方
  • 節約したい方

上記のような方にメリットがあるかと思われます。

石鹸を使うメリットが素敵

先日、知り合いの方から石鹸をいただきました。

小さい頃は石鹸を使っていた記憶がありますが「最近は石鹸って使ってないなー」なんて思っていました。

とりあえず1つを開封しお風呂場で使用してみることに。

実際に石鹸を使いながら考えていたら、石鹸を使うメリットが浮かんできましたので、下記でお伝えします。

物が減りスッキリする

入浴タイム。身体を流して湯船へ。

ぼーっとしながら「石鹸かあ、身体は洗えるだろうけど髪って洗えるんかな?」

という疑問点の浮上。

「調べてから明日やってみる」となると中々実行に移すことがなさそうなの自分を想像します。

「わからないことはやってみる」「百聞は一見にしかず」ということで、石鹸(固形)で髪を洗うことにしました。

実際に髪を洗ってみる

名残惜しく湯船から脱出し、いざ石鹸(固形)洗髪チャレンジ。

髪を濡らし、石鹸を泡立ててみる。

「久しぶりの石鹸や~」(心の声)

洗ってる最中にギシギシするのかな?と思っていましたが、意外とすんなり洗えました。
(いつも使っているシャンプーより洗いやすかったかもしれない…)

いいじゃん、これ(石鹸)

身体や顔はなんの抵抗もなく石鹸で洗えますし、洗髪もできる。

最高だと思いました(髭剃りもできそうな感覚です)

お風呂場から「シャンプー」と「リンス」と「ボディーソープ」が消える。

洗面台や台所などで手を洗う時にも使えますもん(ハンドソープも消せる)

節約になる

節約になる」ということなんですが、上記を見て勘のいい人は気づきましたよね。

石鹸によって代用できそうなものは、「ボディソープ」「洗顔料」「シャンプー」「リンス」「ハンドソープ」(シェービングクリーム)等です。

石鹸を使うと上記全てが必要なくなる可能性を秘めています。

「全てが石鹸に集約されている」

上記は言いすぎかもしれませんが、石鹸を視野に入れると節約ライフが見えてきませんか?

石鹸って10個入りで1000円前後とかで売ってたりします。

1個を使い切るだけでも割と長い期間かかりますよね。

節約チャンス…!

やはりメリットだけではなかった

石鹸を使ってみて初日ですが、デメリットも浮かんできましたのでお伝えします。

洗髪後にギシギシする?

洗髪中は気にならなかったのですが、洗髪後に髪がギシギシするような感覚があります。

このままでは髪が痛んでしましそうで不安です。

なので改善策としては「洗い流さないトリートメント」が必要かなと思いました。

(洗い流すリンスやトリートメントだとお風呂場から物が減ることを妨げてしまう)

石鹸はアルカリ性で洗浄力が強いので髪がギシギシしてしまうようです。
そのギシギシ(髪の痛み)を和らげる手段として「クエン酸」入りのリンスやトリートメントがお勧めされています。

「洗い流さないトリートメント」についてはまだ試していませんが、これで「ばっちり」だったら儲けものなので試してみます。

泡立てるのが若干手間

泡立てるといっても5秒程度で済むので慣れてしまえば気にならないと思いますが「泡立てる」という行為に慣れていないことにより、若干の手間を感じます。

物が少なることや節約になることに比べたら気にならない程度でしょう。

シンプルライフを追い求めて

石鹸のメリットやデメリットについてお伝えしました。

メリット
物が減り、スッキリする。
節約になる。
デメリット
髪へのダメージが気になる(対策はあるはず)
泡立てる5秒間。

まとめると上記のようになります。

髪へのダメージが気になる方は、石鹸を使いだすのにはためらうかもしれませんね。

物も減るし、節約にもなる

そして「石鹸を使っている自分」というのが「悪くないな」と思ったので、今使っているボディーソープやシャンプーがなくなったら石鹸生活をしてみようと思います。

いつもと違うことをして小さな変化が大きな良い変化になっていくことを期待して。

楽しく生きるシンプルライフって素敵ですよね。

※石鹸を使いだして気づきがありましたら追記等していきます。

The following two tabs change content below.
はなび

はなび

幼稚園から人見知り。小学生はずる休み。中学生は不登校。高校生は2度中退。初就職はすぐ退職。 引きこもり、昼夜逆転、精神病。 挫折だらけで傷だらけ。 そんな僕が、前向きに紡ぐ物語。>>プロフィール詳細
スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク