温活って?温活のやり方やメリットのまとめ

温活って何?

温活という言葉を聞いたことがありますか?

温活とは「身体を暖める活動」のことです。「身体を暖める習慣」や「意識的に身体を暖めること」とも捉えられることがあるようです。

普段こんなことありませんか?

  • 疲れやすくだるさが残る
  • 肌荒れが気になるようになってきた
  • 肩こりや腰痛がひどいような気がする

上記のような症状は温活によって改善が期待できます。

その他にも、冷え性改善や、美脚効果にも効果があるとされています。

温活をやるメリット

上記にもありますがまとめてみます。

  • 疲れにくくなる。
  • 肩こりの改善。
  • 腰痛の改善。
  • 冷え性の改善。
  • 美脚効果付与。
  • 血流がよくなる
  • 自分の身体に関心を持つことで自分を労わることができるようになる。
  • 自分の身体に関心を持つことで体調のちょっとした変化に気づいてあげることができようになる。

温活をやるメリットでした。この他にも様々なメリットがあるようです。「温活」って健康的ですね。それでは、お待ちかねの温活のやり方について見ていきましょう。

温活のやり方

9項目あります。自分がやりやすいものから生活に取り入れてみましょう。

足湯

湯船にお湯を張って足を入れます。言わずと知れた足湯です。読書やゲームなんかをしながらでもできます。

蒸しタオル

濡らしたタオルを、レンジに入れれば蒸しタオルができます。首や目のまわりなどを温めましょう。リラックス効果もあります。

ストレッチ

「ぐーーっ」っと気持ちのいい程度に体を伸ばしましょう。(呼吸はゆっくり)自分の知っているストレッチ方法でOKです。

ウォーキング(散歩)

ウォーキングは健康に関する王道といってもいいかもしれませんね。できれば20分程度行いところです。徐々に時間を増やしていくスタイルでもいいでしょう。

湯船に浸かる

部分的な重力からの解放。全身が暖まります。38度~40度程度のお湯でお風呂に入りましょう。10分程浸かりたいですね。

生姜や、にんにくや、ねぎや、唐辛子や…

身体が暖まるとされている食べ物を摂るのも効果があります。食べすぎはよくありませんよ。私は生姜紅茶は味的に苦手かもしれません。

腹巻や、ひざ掛けや、湯たんぽや、使い捨てカイロや…

身体を温めてくれるグッズを使うのもいいですね。お腹を暖めることは大事です。この機会に腹巻を購入してみようか検討中です。

筋トレ

筋トレすると熱くなりますよね。汗かきますよね。ダイエットにも、精神的な安定にも効果があります。継続が大事なことは皆さん知っていることでしょう。

ヨガ

最近ヨガの素晴らしさを知りまして、ヨガマットを買ってヨガしてます。ハードなものから、リラックス効果があるものまで。もちろん身体も暖まります。

温活まとめ

温活は、ほぼコストゼロで始めることができます。自分の身体を意識することで日々の生活が過ごしやすくなるのではないでしょうか?身体を暖めて心も温かくしたいですね。

The following two tabs change content below.
はなび

はなび

幼稚園から人見知り。小学生はずる休み。中学生は不登校。高校生は2度中退。初就職はすぐ退職。 引きこもり、昼夜逆転、精神病。 挫折だらけで傷だらけ。 そんな僕が、前向きに紡ぐ物語。>>プロフィール詳細
スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク