「本を買うか迷うなあ…」私が本を買う理由

先日「文章力上達」的な本を10冊買いました。15,000円くらいです。

ネットで注文したのですが「本当に読むのか?」「必要なのか?」「参考になるのか?」「本当に読みたいのか?」「お金を別のことに使った方がいいのではないか?」など、様々なことが頭をよぎりました。

どうしよっかなー。

この記事では、私が本を購入した時の思考をお伝えします。
買い物時(特に本)の判断に迷いやすい方は参考になるかもしれません。

ちなみに、買って1週間程で3冊読んだのでいいペースです。
それに、やはり勉強にもなるので買ってよかったとも思っています。

服や食べ物に対しての関心は薄いけど、興味のある知識や知恵に関しては追求したくなる性格やもんな。

 

文章力を上達させたい

ブログ開設から約120日で記事50記事(2018年10月時点)

まったりペースで記事を執筆する私は、文章を書く技術に目を向けた。

今回私が本が欲しいと思った理由

私はブログの更新頻度が非常に遅いです。

学生時代から読書感想文なんてものは苦手でしたし、学生時代に書いた原稿用紙5枚の反省文以来、ある程度長い文章を書いた覚えがありません。………ええ、書けないのも納得できます。

記事を新しく執筆したいなー。過去の記事のリライト(書き直し)したいなー。

とは日々思っているんです。たくさん書いて皆さんに読んでいただいて「月間〇万PV」とか言ってみたいんです。

思いと行動が伴ってないやん。

ブログの更新頻度が遅い理由としては「記事のネタを考えること」が苦手だったり、「キーワード選定」が苦手だったり、ただ単に「やる気が出ない」だけなど、他にも様々あるでしょう。

文章を書いている途中に手が止まってしまい、なにを書けばいいかわからなくなってしまうことも多々あります。

「記事の執筆中に手が止まることを改善したい」ということで文章力の上達を本を欲しいと思いました。

1回手が止まると数日間手が止まり続けるなんてこともあるよね。

誰に向かって話してるんや。

とりあえず本を探してみる

「とりあえず」どんな本があるのか探してみよー

ネットで買うつもりなのでAmazonさんを散策しました。

  • レビューの高い本
  • 関連書籍で表示される本
  • タイトルに惹かれる本
  • どこかで表紙を見たことあるような本
  • いつも読ませていただいているサイトでのお勧めの本

上記の本のレビューを吟味しました。

本を買う時の癖?

癖なのかわかりませんが、本を買う時はまとめて買ってしまうことが多いです。

1冊ずつ買えば、万が一読まなかった時のダメージが小さいことはわかっています。

しかし「どうせ読むなら一気に欲しい」ということと「勉強する気があるときに一気に勉強したい」という思いがあります。

極端(完璧主義)な性格と関係してそう。

ネットの記事でも文章については学ぶことができるが

ネットでも文章の書き方を学べる記事はたくさんあります。

記事を書く手が止まる度にお世話になっているサイトもあります。

しかし、本の方が圧倒的に網羅的(詳しい)です。

少し前にKindle Paperwhite、電子書籍リーダー(第7世代)、Wi-Fi 、4GB、ブラックというものを購入したのですが、kindle(キンドル)での読書は、ほぼ手付かずです。

紙の本の方が好きだし、落ち着くし、勉強しやすいよね。きっとそう。

買うか迷う

本を買うか迷ったので、実際になにを考えたかを視覚化してみます。

本を買った場合の「強み」要素

本を購入した場合のメリット的な要素を考えてみます。

  • 行動しないで後悔するより、行動して後悔した方がいい。
  • 買ってしまえば買うか買わないかのモヤモヤが消える。
  • 買い物はストレス解消に繋がる。
  • 本を読んで自分スキルが身についた場合立派な自己投資になるし、自信にもつながる。

普段から守りの姿勢を貫きすぎると成長のチャンスを逃すことが増えるだろうし、刺激のないような、平凡すぎる人生になってしまうのでそれを脱却するための一つの手段として…なんちゃらかんちゃら

うるさい。

本を買った場合の「弱み」要素

次に本を購入した場合のデメリット的な要素について考えてみます。

  • 万が一読まなかった時、お金を損することになる。
  • それほど参考にならなかった時、テンションが下がる。
  • 物が増えたことによるモヤモヤする感情を味わう可能性がある。
  • お金が減ることによって心の余裕が減る場合がある。

メリットとデメリットを視覚化して比較するとわかりやすいね。

処分するときのことを頭に入れて考えてみる

購入したあとに、捨てる時や要らなくなった時のことを考えてみます。

しっかりと品定めをして購入しても、買ってばかりでは物が溜まってきてしまう。

買ったものを使用しているときをイメージするのは簡単ですが、処分するときまで考えて買い物をする人は少ないでしょう。

処分するときのことを考えると頭がスッキリする場合があるよ。

思考の例

  • 物だらけの家で生活したいならばいいだろうが、私はできるだけスッキリとした所で暮らしていたい。
  • サイズが大きい物の購入で迷っているときに、処分するときの労力を考えると新しい思考がうまれるかもしれない。
  • 処分をめんどくさく感じ、物が家に溜まってしまう可能性がある。

今回は本だから処分の労力はたいしたことないやろ。

どのように生きていたいか?

周りの大人たちを見渡して、憧れや尊敬に値する人は居ますか?

私にはいません(部分部分ですごいなと思う事は多々ある)

自分自身の理想に近付くためにスキルを身に付けるのは素敵なことです。

自分は人生でなにがしたいだろう。

  • 立派なマイホームを構える?
  • かっこいい愛車で海沿いを走る?
  • 家族やパートナーと穏やかで愛情のある暮らしを過ごす?
  • 自分のやりたいことを追求し、極めていくこと?

その辺りもしっかりと考えておき、自分のベースにあると、買い物の時の判断に限らず、人生全般における判断能力が向上するでしょう。

少し語っとるな。

本を買うか迷った時に…本を読んだあとの行動こそ大事

  • ○○を買いたい欲しい
  • ○○が欲しい理由
  • ○○を買うメリット
  • ○○を買うデメリット
  • とりあえず○○について調べてみる
  • ○○をなにかで代用できないか考える
  • 理想の自分を想像し、それにふさわしいのか考える

本記事をまとめると上記となります。

他の買い物にも代用できそうだね。

これからなにかを始めようと、大きめの金額のものを購入した場合、引くに引けない状況に自分を立たせることができますね(買っただけで満足してしまうこともありますが)

自分自身のお金をドブに捨てるように生きたいとは思わないでしょう。

本記事は、文章力を上達させるための3冊の本を読んでからの記事となりますが「読むだけ」では、本記事のような文章になるので、やはり経験や慣れも必要ですね。

今回買った本は、後日に別の記事で紹介します。

The following two tabs change content below.
はなび

はなび

幼稚園から人見知り。小学生はずる休み。中学生は不登校。高校生は2度中退。初就職はすぐ退職。 引きこもり、昼夜逆転、精神病。 挫折だらけで傷だらけ。 そんな僕が、前向きに紡ぐ物語。>>プロフィール詳細
スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク