【博多豚骨ラーメンズ】社会の裏側で和やかに

博多豚骨ラーメンズ(アニメ)


福岡県福岡市博多区を舞台にしたアニメです。

ちなみに、私は少し前まで福岡県博多市だと思っていました。(世間知らず)

ストーリー

「殺し屋」や「殺し屋殺し屋」や「探偵」や「復讐屋」や「情報屋」などの社会の裏側の世界を描いた作品です。

タイトルにある「博多豚骨ラーメンズ」というのは主人公や知り合いの仲間たちが組む野球チームの名前です。あまり野球の話は出てきませんが、「野球のサインってこうなっているんだ」と知ることができました。

物語の中では博多ラーメンや明太子、博多のお祭りの「山笠」のことについて触れられています。博多の街並みも再現されているようです。

博多豚骨ラーメンというタイトルですが、豚骨ラーメンについてはあまり触れられていない印象です。

オープニングテーマ(OP)とエンディングテーマ(ED)がかっこいい

  • オープニングテーマ「岸田教団&THE明星ロケッツ」さんの「ストレイ」
  • エンディングテーマ「TRI4TH」さんの「DIRTY BULLET」

どちらも初めて聞いたのですが、どちらもかっこいいなと思いました。

どんな人が見るべき?

私は福岡県の博多に興味があって見始めました。全12話あるのですが、1日で見終えました。

変にグダグダすることなくストーリーのテンポはスムーズなので観やすいアニメとなっています。

スムーズなテンポでアニメを観たいという方や、少しでも博多のことについて知りたいという方や、裏の世界のお話が好きな方などは、観る価値はあると思います。

※血が噴き出す等の演出があるので血などが苦手な方は注意した方がいいかもしれません。

博多豚骨ラーメンズを知った経緯と一番好きなお話

私はラーメンの中では「豚骨ラーメン」が一番好きです。10代の頃から博多にも興味がありました。

そんな私を知ってか知らずが友人が「博多豚骨ラーメンズ」を友人が勧めてくれました。そこで、なにかの縁だろうと観てみました。

裏の世界のお話とは言っても主人公や味方の人達は皆優しく、友情や信頼関係などがホカホカと伝わるようなお話にもなっています。

個人的には「情報屋」の子とその情報屋の父親のお話が好きです。7話~8話あたり。

まとめ

タイトルが少しふざけているという意見もあるのですがが、私はユーモアがあっていいと思います。

むしろ和やかな雰囲気のタイトルなので好きです。

実際は裏の世界のお話であり、和やかとは程遠いイメージですが、アニメの雰囲気は総じて和やかだったように思います。

The following two tabs change content below.
はなび

はなび

幼稚園から人見知り。小学生はずる休み。中学生は不登校。高校生は2度中退。初就職はすぐ退職。 引きこもり、昼夜逆転、精神病。 挫折だらけで傷だらけ。 そんな僕が、前向きに紡ぐ物語。>>プロフィール詳細
スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク